Pocket
LINEで送る

飼育の条件

60センチ規格水槽、それに大型の外部フィルタなどを用いればそれなりのサンゴを飼育することは可能ですが、今後サンゴが増えた時に水槽を買い換えることを考えると、できれば思い切ってオーバーフロー式の水槽を購入するのがベストです。

 

オーバーフロー式の水槽は、一般的には45センチ角の水槽から、幅60センチ、奥行45センチ、それに幅90センチ、奥行45センチの水槽がありますが、予算と設置場所の条件があえば、最低でも幅60センチのオーバーフロー式の水槽を選択するのが良いと思います。

 

幅60センチのオーバーフロー水槽だと、ろ過槽も含めると約130リットル程度の海水が入りますので、水質を安定させるのも随分と楽になりますし、サンゴを入れた時のレイアウトにも余裕が生まれます。

 

参考までに、幅45センチ規格のオーバーフロー水槽で100リットル、90センチで200リットルの海水が入る計算になります。

おすすめの機材

水槽

前述のように、オーバーフロー式の水槽を選択するのがベストです。様々なメーカーが様々な種類の水槽を販売していますので、スタッフにご相談ください。

 

このクラスの水槽になると専用のキャビネット(水槽台)が必要になります。

 

コーラルタウン では、店舗オリジナルのキャビネットを作成しています。木材から仕上げまで、お客様のご要望に応じて作成することができますので、ぜひ一度ご検討ください。

フィルター

オーバーフロー式の場合は、水槽台の下部にサンプと呼ばれるろ過槽をおき、そこでろ過させるのが一般的です。

 

一時期はろ材を使う方式が主流でしたが、現在はろ材を使わない方式もあります。これは飼育する条件(魚主流かサンゴ主流か)などよっても変化しますので、専門知識が豊富なスタッフにご相談ください。

 

もし外付けフィルターでの飼育に挑戦される場合は、水槽に入る水量の2倍以上処理できる規模のフィルターを選択するのが無難でしょう。

照明

最新のLED照明を使うのが当然ベストといえますが、これ一台だけで最低価格帯が5万円しますので、最初は1万円前後のアーチ型LED照明を使い、サンゴの数などに合わせて後から照明を強化するのが良いでしょう。

 

魚だけの飼育であれば、むしろ強い照明を嫌う魚が多いため、アーチ型LED照明でも足りる場合がございますので、飼育方針に合わせて選択するのがよいでしょう。

ヒーター

総水量に見合ったヒーターを選択してください。また、万が一壊れた時のことを考えて、最初から同じ規格のヒーターを二本設置しておくのも良い方法です。

冷却装置

クーラーは総水量の1.5ないし2倍の水量を処理できる商品を選ぶのがベストです。

 

クーラーの選択は水量だけでなく、一時間あたりの送水量も関係しますので、詳しくはスタッフにご相談ください。

プロテインスキマー

サンゴや魚の数が増えてくると、水中の老廃物も当然増えてきます。これらをろ過装置のみで漉し取ることは難しくなりますので、プロテインスキマーと呼ばれる装置の導入を検討してください。

 

プロテインスキマーとは、海水中の余分なタンパク質(プロテイン)を漉しとる(スキムする)装置のことです。この装置を使うことによって、水質が格段に向上し、異臭を減らし水の透明度が上がります。

 

また、ろ過に使われるバクテリアや、魚への酸素供給にもなりますので、ぜひ導入を検討してください。

 

この装置も、総水量の2倍以上を処理できるスキマーを選択するのがベストです。もし、今後水槽のレベルアップを検討されているのであれば、スキマーを入れるサンプの大きさが許す限り、大きめのスキマーを選択するのも先行投資としては良い選択肢だと言えます。

 

もし、水質維持にRedSeaのNO3:PO4-Xやバイオペレットのような添加剤などを使うのであれば、スキマーの導入は必須です。

おすすめの海水魚

 

おすすめのサンゴ類

このレベルの機材が揃えば、ほとんどのソフトコーラルと、LPSと呼ばれるサンゴ類を飼育することが可能です。

 

また、照明をSPS(ミドリイシ類)の飼育に最適なものを選択することによって、一部のSPSの飼育にも挑戦できるでしょう。

 

ただし、強い照明だけが必ずしもサンゴの飼育に適切とは限りません。

例えば一部の方に根強い人気のあるハナガタサンゴ、アザミハナガタサンゴの仲間を飼育するのであれば、むしろ青みが強くやや弱めの照明の方が適切と言えます。

ぜひ店頭のディスプレイ水槽をご覧いただき、飼育の方針と照明やろ過システムの選択にお役立てください。